家具工房 K A S H O

kasho556.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:リペア・リメイク( 4 )


2009年 05月 06日

リペア

2年半前、おばあさまが使われていた和裁机をテレビ台へとリメイクさせて頂いた

港北区 H村さま 。

この度ご自宅の新築に合わせて、おばあさまが使われていた箪笥を修理出来ないか?と

お問い合わせいただき、そのとき送られて来た画像がこちら。

f0131699_23202729.jpg


大変になりそうな予感を感じつつもお引き受けいたしまして、届いたのがこちら。

f0131699_23205086.jpg


f0131699_23211045.jpg


f0131699_2343341.jpg


状態はお世辞にも良いとは言えず、金具を取り外していく度に崩壊が始まる。

壊しているのか修理しているのか分らなくなりそうになりながら、幾多の試練を乗り越え

以下のようになりました。


f0131699_23212645.jpg


f0131699_23214471.jpg


木目も鮮やかに蘇り、

引き出すことが出来なかった取手付のハコも引き出しであったことを思い出してくれたもよう。


三枚目の画像のものがこちら。

f0131699_2322851.jpg


シブイ。 今回、金具は磨きなおし、鉄の地色を残した仕上げ。


リペア仕事は大変なことが多く、作りなおした方がいいのにぃ、、。と正直思ったりもするわけですが、

学ぶことはとてつもなく多く、納品先では新しく作ることでは得られない何かを感じることが出来ます。

もはや家具ではなく家族が帰ってくる感じ、というか、、。

そんな家具が作れるようになりたいものですね。  


f0131699_23225264.jpg


こちらが2年半まえにリメイクさせて頂いたもの。

納品先で過去に納品させて頂いたものが迎えてくれることが増えてきました。

とても幸せです。
[PR]

by kasho556 | 2009-05-06 00:39 | リペア・リメイク | Comments(0)
2008年 11月 11日

ケヤキベンチ

藤が丘 Sさま。

ケヤキの椅子をベンチに、というご依頼で制作いたしました。

ケヤキながらの重厚な一人掛けの椅子だったのですが、

重さ約半分の二人掛けのベンチになりました。

f0131699_0192399.jpg


f0131699_0193938.jpg


どういう椅子だったかは載せませんが、椅子だった頃の跡。

埋めないことにしました。


玄関で行き場に困っていたケヤキさんがリビング用にと昇格されたようです。

もとの材料も半分近く余り、また何かを作りたいとのこと。

Sさまの情熱のままどう作るか、 そんな作り手としての当たり前の気持ちを

再認識させてくれたお仕事でした。

ありがとうございます。


f0131699_0195820.jpg

[PR]

by kasho556 | 2008-11-11 23:48 | リペア・リメイク | Comments(0)
2008年 07月 17日

リペア

青葉区 S木様邸 ダイニングセットの改造、再塗装。

九州の民芸家具であります。(私の実家にここの家具がある。)

f0131699_06913.jpg


テーブルはこんな感じ。(奥の方は剥離剤をかけたあと)

長さを50センチ延長します。1500→2000 んッ そんなことできるのか?

f0131699_064971.jpg


椅子は笠木のヤマヤマが気に入らないとのことなので、切っちゃいます。


そんでもってこうなりました。↓

f0131699_004894.jpg


f0131699_01238.jpg


笠木の形状もなんだかこっちの方が自然ですよ。

よかった。よかった。


いつか自分の作った家具がカッサカサの傷だらけになった時、

愛情もってリペアしてもらえますように、、、。 ムニャ ムニャ


そう祈りながらリペアいたします。
[PR]

by kasho556 | 2008-07-17 23:55 | リペア・リメイク | Comments(0)
2007年 12月 08日

リペア。

20年間使われたテーブルです。

お嫁に行った娘さんが4歳のときに購入されたとのこと。

f0131699_2342136.jpg


古い塗膜を剥がし、削りなおして塗装すると

f0131699_22594320.jpg


f0131699_22595263.jpg


こうなります。

いや、20年前はこうでした。


古くなったから買い替える。それを否定はしませんが、

思い出を残したままキレイにすることもできますよ。


いやな思い出をキレイにすることはできません。


あしからず。
[PR]

by kasho556 | 2007-12-08 00:58 | リペア・リメイク | Comments(0)